ブログ

Cosmos & ウマレカエリ上映会

週末、リングリンクホール

『Cosmos~光との約束~』

『ウマレカエリ』

という2本の短編映画の上映会があり、行ってきました!

右:『Cosmos』の近清武監督
左:『ウマレカエリ』を制作した「虹ミタマ」のお2人

 

テーマ、制作時期、監督の葛藤・・・などなど

驚くほどにシンクロしている二つの作品。

どちらも、心に闇を抱えた10代の女の子が主人公です。

 

私はNPO法人の相談員として、日々

10代の子どもたちの悩み相談に乗っているのですが、

この主人公たちのような葛藤を抱えている子が本当に多いです。

 

家庭にも、学校にも居場所がなくて、毎日つらい。

でも、つらいのは自分が弱いからだ、こんな自分が嫌だ

もう居なくなってしまいたい。だれか助けて・・

 

そんなSOSが、LINEで毎日たくさん寄せられてきます。

 

そして、コロナ禍で社会全体がストレスを抱えている今年、

子どもの自殺数は昨年の倍以上になってしまっているそうです。

 

【小中高生自殺、11月は48人 前年比倍増、高校生が最多】

https://www.tokyo-np.co.jp/article/75785?rct=national

 

大人も子供も生きづらさを抱えているこの時代、

 

「闇も、光も、どっちも必要で、どっちも大事。」

「あなたは、ありのままで素晴らしい。」

 

これらの映画のメッセージが一人でも多くの人に届くことを願ってやみません。

 

どちらも素晴らしいので、機会があればぜひ見てみてくださいね!

 

ちなみに、『Cosmos』の近清武監督は、

八ヶ岳Cradleの子どもたちと、とっても仲良し♡

“ボット”という変なあだ名で呼ばれています。

 

子どもたちに、思いっきり落書きをさせてくれて・・

こんな車に乗っている、素敵な大人です。

原村にお越しの際は、ぜひ「ボットの車」を探してみてくださいね♪

 

-ブログ

© 2021 Yatsugatake Cradle